プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なもの。やりたいこと。

 「この程度・・・」 が前提で、できることを考える・・・。

 それよりも、「どんなことをやりたいか!」から、物事を考えた方がいい・・・・。

 「この程度」なら、無難にやれることでしょう・・・。

 一方、本当にやりたいと思うことに向かうとき、やりたいものができない障壁にすぐぶつかることはわかっている。

 でも、それがわかっている上でも、「そこをめざしたい!」という思いが一致さえすれば、乗り越えるためにどうするか?をみんなで真剣に考えることができる。

 それができたときは、喜びをみんなで共有することができる。

 「この程度」から出発すると、一部の人のがんばりでできてしまう。力を借りることも、協力することも必要がない。

 今時点の自分でできてしまうのだから、自分自身も達成感はない。



 「何かに向かって歩み出そう!」その思いこそ尊い。

 でも、せっかくそう思ったのなら、常識や、今ある状況の中で考えるのではなく、本当にやりたいことは何なのか・・・。

 まずは、自分に問うんですよね。そうすれば、道が見えてくる。

 そこに向かうためにどうすれば良いのか・・・?

 一人では難しいのなら、誰に自分の思いを伝え、協力してもらうのか?

 考える、学ぶ、やってみる・・・!
 
 ここまでたどり着けたら、失敗なんてないんです。やりたいと思っていたことと多少ちがったとしてもいいじゃぁないですか!

 一人で考えていたイメージだけのものが、多くの人と考え、力を出し合って具体的にする中で、もっとちがうものになっていく。

 それはそれで、みんなで創りあげた証!

 いわば、勲章ですよ   

 できる範囲でやるよりも、自分も背伸びして、変化しなければできないようなことに向かう。自分自身が本当にやりたいもの、大切だと思うものに力を注ぐ。

 その方がいい・・・・。



P1090756.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

みんなでやってもらえるように。。。
やってみて自分がまだまだやっているのではなく、やっているつもりにすぎないんだと後から気づくことばかりです。
いつも、助けていただいてばかりです。
まだまだ、やれることがたくさんある。
また明日です!
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。