プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっぱら、門の中にいるもの。

 おおた高齢者見守りネットワークの取り組みを端的に言うと、

 「専門家、専門職が自分の専門の枠を飛び越え、あらゆる専門とつながる場を創ったということ」

 「このつながった各専門家、専門職が、つながっただけでなく、『地域』に暮らす人たちと、地域で出逢う機会を縦横に築いたということ」


 要は、これだけのこと。


 でも、これだけのことの中に、じつは大きな意味があるんです。


 本来、私たち専門職は、自分の専門を必要となった人が、自分がいる場に訪れて、初めて専門職として関わっていく。

 
 そういえば、 「専門」 って言う字は、 もっぱら門にいる と書くんですよね 

 この専門職たちが、自分の 『 専門 』 という門を出て、地域の空気を感じる・・・。


 自分の門をくぐる必要がある人たちが暮らす地域。自分の門をくぐる必要性がまだない人たちが抱える不安。

 専門職たちが、我が門を出て、これを肌で感じる・・・。

 何か考えないわけがない!自分に何ができるのかを考えないわけがない!専門という門を出てみて、改めて自分の専門の必要性を肌で感じる専門職が、地域に多く存在すること。これが地域に暮らす人たちの安心につながる。


 これを、おおた高齢者見守りネットワークの取り組みを通して築いていこうとしているんです。


 ただそれだけ・・・。

 でも、門を出た専門職たちのその一歩が、どれほど意味のあることか・・・。

 それは、出会った地域住民のみなさんを見ていれば実感します。

 専門職のみなさん!自分の門を、自分の扉を開け、地域に出て行きましょう!! 



暑中お見舞い申し上げます。  
      ↓
230711P7101971.jpg

IMG_2307116148.jpg

IMG_230711143.jpg

IMG_2307116149.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。