プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何やってんだ!!

 一人暮らしの女性Aさん。私たち地域包括支援センターに連絡をくれたのは、地域活動をしているKさん。

 認知症の症状があり、心配をしているがKさんでも家には入れてくれない。当然介護保険サービス導入も拒否している。自宅に閉じこもり認知症が進行しないようにと、私たちに連絡をくれたKさんは、毎日自分の事務所に誘い、チラシの折りを手伝ってもらっている。

 だんだんチラシを折ることもできなくなり、お風呂に入っていないのか尿臭もひどい。家に誘い、お風呂を勧めたこともあるが、Aさんは決して入ろうとしない。「自宅の中もゴミ屋敷のようになっているはずだ」とKさんは言う。

 Kさんと相談し、事務所で初めてAさんと会った。Aさんはチラシを折りながら、生まれ故郷から東京に出てきたときのこと、Kさんとの出会い、様々なことを初対面の私に話してくれた。

 そして、明日自宅に訪問してもよいという返事をもらった。Kさんはびっくりしていた。「Aさんが家に来ていいなんて言うなんて・・・・」

 翌日Aさんにメモを渡した時間に自宅を訪ねた。留守だった・・・。その後、30分待ったが、帰って来なかった。その後私も様々な予定があり、忙しく訪問することができず3日後にAさんのお宅へ電話を入れてみた。

 Aさんは電話に出たが、電話の受け答えは警戒心でいっぱいだった。「どちらさまでしょうか・・・、何の用件があって電話をしてきているのですか・・・?間に合ってますから・・・。」何かの勧誘を断るように電話を切られた。

 俺は何やってんだ??忙しさにかまけて、何日も前に約束したことを電話で済ませるなんて!!Aさんを動揺させてしまっただけじゃないか!!

 「初めて会って話をしてくれただけでいい気になって・・・。忙しさを理由に大事なことを翌日回しにして・・・。

 周りがどんなに心配しようと知ったこっちゃない。だって、毎日誰にも頼らず生活している。

 ずっとそうやって生きてきた。友達の仕事の手伝いだってしている。突然現れてもっともらしいことを言われる筋合いじゃない!!」
 

 Aさんからそう言われたような気がした・・・。

 また、Kさんの事務所で挨拶から始めよう。来週は短時間でも、毎日事務所に出かけよう。また一緒にチラシを折りながらAさんと話してみよう。


P1050775.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。