プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が○○の旅立ち!

 徳島県K町 保健福祉課 Nさんから連絡が入った。

 「いよいよこちらでも、SOSキーホルダー登録システムの準備ができましたので、一応ご報告をと思いまして・・・・。」 


 徳島県保健福祉部主催、県内の行政担当職員、包括支援センター職員を対象とした、「徳島県ひとり暮らし高齢者等見守り活動スキルアップ研修会」 での講師依頼があり、大の苦手な飛行機で徳島県へ行ったのは、今年3月24日。

 あれから半年。

 K町は、いよいよ11月申請開始まで漕ぎつけたのだそうです。

 人口10900人、高齢化率36%の町で、私たち、おおた高齢者見守りネットワークが生み出したキーホルダー登録システムが始まるのです!

 東京大田区と、徳島県K町・・・。

 当然地域の状況も大きく異なる。K町では、全高齢者にキーホルダーを配布するそうです!65歳以上のキーホルダー持参率100%!

 それでいい・・・・ 

 すべての方が持っているので、高齢者に何かがあれば、まず、キーホルダーを確認すればいい。

 この規模の自治体であれば、消防・警察・自治体との情報共有も、個人情報に留意したシステムを導入することにより可能となる。

 K町保健福祉課 Nさんには、このシステムについても話しはしておいた。

 私たちの取り組みを知ったひとつの町が、同じキーホルダー登録システムをスタートしていく・・・。

 何かうれしいですね 

 自然と海の町 K町を歩く高齢者の方々に、東京大田区から 「安心・・・」 を届けることができたんですから・・・。 

 行ったこともない町が、ものすごく愛おしく、近くに感じられます。

 いつか、ぶらりとK町を訪ねるとしましょうか! 

 目的もなくぶらりぶらりと歩く。すれ違うすべての人と、笑顔であいさつを交わしましょう!

 高齢の方とすれ違うときには、

 「持ってるな・・・・  」

 と、ニヤリ・・・。
 
 大切な、大切な子どもを送り出す、親のような気持ちです。

 今宵は、酒の飲めない私ですが、一杯だけビールで乾杯でもしましょうか! 

 「K町の皆さん!我がキーホルダーを、大切に、大切に、育んでいって下さいね!

私たちの願いはそれだけです・・・」
 

 
3月24日、苦手な飛行機に乗って、徳島県保健福祉部主催 「徳島県ひとり暮らし高齢者等見守り活動スキルアップ研修会」に参加したときのことを綴ったブログ記事、『 徳島へ! 』 は、こちらをクリックしてご覧下さい。


徳島県スキルアップ研修で使用した資料は、こちらをクリックするとご覧になれます。
 

topphoto9.jpg

top-image7.gif

topphoto5.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。