プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちがい」こそ大切!

 苦手な人なんていて当たり前。

 何をやるんでも、反対意見や文句を言う人はいる。

 でも、思うんですよね。

 苦手意識を自分が持っている相手ほど、きちんと自分の思いや考えていることをまっすぐ話すことが大事。避けていても、その人との関係で何もいいものなど生まれない。

 そして、自分のやっていることに反対意見や文句を言う人の意見こそ、大事に聞かなくてはならないって・・・。


 何か事を起こせば、すべての人が大賛成なんてことはあり得ません。

 反対意見や、文句も、口に出して言ってくれるのはありがたいこと。

 反対意見を持っていて、きちんと表明するということは勇気がいること。それをきちんと言ってくれるのだから、真摯に聞けばいい。

 完璧なんてものはない。

 だから反対意見というのは大切。その意見から取り組みにとって必要な修正ができたりすることもある。

 また、反対する人や文句を言っている人も、自分たちが取り組んでいることをすべて知っているとは限らない。そうであるなら、実際を自分たちから話すことで、誤解が解けることもある。
 

 苦手意識を自分が持っている人というのは、通常であれば、自分があまり関わらない人。

 だからこそ、何かを取り組んでいくときには、自分がもっていない考え方や、発想を取り込むことができる。

 「何かをやろう!」とするのなら、この、苦手意識を感じている人にこそ、まっすぐに向かい合うべきだと思うんです。その覚悟がなくて、事を成すことなんてできるわけがない。

 要は、大事だと思って取り組んできたのですから、どんな人ともかかわりを避けていてはだめ!避けていたら、もしかしてその人が理解者となってくれるかもしれない可能性を、捨ててしまうことになる。

 どんな人にも、自分が大事だと思っていることを理解してもらうために向き合うんです。語っていくんです。

 その過程が、自分自身にも、「覚悟」と「真剣さ」というものをしっかり身につけてくれることにもつながっていくのですから・・・。 



IMG_2310077349.jpg

IMG_2310077351.jpg

IMG_2310077350.jpg

IMG_2310077348.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。