プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りある「今」を、精一杯!

 朝9時前、いつものようにダイシン百貨店前の踏切を渡り、事務所への出勤途中。

 前方から重そうな袋を抱え、歩いてくる70代半ばの女性が見えた。

 「あれ?Fさん?」

 そう、事務所のすぐそばに住んでいるみま~もサポーターのFさんです。

 Fさんは、私に気づくと重そうな荷物を抱え早足で近づいてくる。

Fさん: 「お米屋さんで糠(ぬか)をもらって、今、公園に持って行くところなの!」

私: 「糠ですか?漬物を漬けるんですか?」

Fさん: 「ちがうわよぉ~。これから公園の葉がどんどん落ちてくるから、培養土を作ろうと思ってね!  

 この糠はそれに使うの。お米屋さんとは長い付き合いでねぇ・・・。今回はタダでいいよ!って10kgくれたのよ  」

私: 「10kg・・・・!!   僕が持つから一緒に公園まで行こう。」

 Fさんの、「あんたは忙しいんだから・・・」、「事務所で多くの人が待っているんだから・・・」という言葉を聞かずに、私は糠を抱え、来た道を戻り踏切へ。

 踏み切りに着くと、踏み切り前に住んでいるYさん(90歳代男性)が、家の前でニコニコしながら私たちにあいさつをしてきた。「おはよう  」

Fさん、私 : 「おはようございまぁす!」

Fさん: 「Yさんはね、電気屋さんをずっとやっていたのよ。私の家も電気製品が壊れるといつもお願いしてたの。

 朝はいつもこうやって、外に出て踏み切りを通る人にあいさつをしているのよ!」

私 : 「知ってます。僕も毎日ここを通ると、Yさんが、笑顔で迎えてくれますから・・・! ねっ、Yさん!」

Yさん: 「そうだねぇ~。いい場所に住んでいるよ。外に出ればいろんな人とあいさつできるから  」

Fさん: 「そうそう!人と会うのが一番のリハビリよね!じゃぁ、Yさんまたね!早くこの糠を公園に持っていかなきゃいけないから!」

 こうしてFさんと私は、Yさんに送られながら踏み切りを渡り公園へ!

 公園に向かう歩く道すがら、Fさんはボソッと私にこう伝えた・・・。

 「最近、私思うの。こうやって元気に歩いたり、何かをしたりできる時間というのは限りがあるって・・・。

でもね、だから元気でいる今を、精一杯生きていこうと思うのよ。そう思えるようになったの!」


 私は笑顔でうなづいた・・・。

 何も答える必要などない、意見を言う必要もない、言える言葉など見つからない。

 ただ、 「私もそう思います!」 と心に思い、笑顔をFさんに向けました。

 そうそう!答えなかったのにはもう一つ理由がありました!

 Fさんと会ってから、ず~~~~~~っと10kg の糠を持ち続け、体力の限界が訪れ始めていたのです・・・  

 公園に無事到着!私は急いで事務所に向かいました。

 朝の、数十分間の出来事です。

 でも、「さぁ、今日も一日がんばろう!」と、力をもらうには十分なちょっとした出来事でした。 



Fさん・・・、ありがとう。
     ↓
P2310191110170.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。