プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッド越しのお・つ・き・あ・い

 ちょっとなまめかしい題名で始めてしまいました。

 ここ最近、連日仕事の合間、仕事終わりに集中して原稿を書き続けていたためか、一昨日、見事ぎっくり腰になってしまいました    

 それでも、休むことができず事務所に来ていたのですが、昨日の午後ぐらいからいよいよ悪化!立ち上がることも、立ち上がったあと座ることもできない。

 とうとう昨日は、車いすに座ってパソコンに向かう。移動は車いす自走にて対応。さすがにこれではどうしようもない!

 当院の関連施設である、「牧田中医クリニック」に、出勤していたたぐナースから連絡を入れてもらった!  

 「センター長が動けません!!」 

 牧田中医クリニックは、はり・きゅう・マッサージの専門診療機関。鍼灸の本場・中国の伝統医学である「中医学」を取り入れた、日本でも数少ない診療機関です。

 中医クリニックに、やっとこさたどり着くと、私の担当のHくんが、「またやったんですかぁ~~~!」  と、何度やっても懲りずに無理をする私を見て、あきれ顔・・・。

 今日は土曜日。仕事休みの人がおおぜい受診に来ていて、少し待合室で待っていました。するとそこへ、一人の女性が玄関を入ってきた。

 その人は、自分と目が合うと、「あ~~~~っ、沢○さぁん!いつもいつもありがとう。」

 毎月セミナーに来ているAさんでした。

 いつも明るい笑顔が絶えず、会うとおしゃべりが止まらない。でも気になっていたのは、最近、セミナーで見かけなかったこと・・・。

 今日も待合室で会うなり、この間の事を一気に話してくれる。ご主人が亡くなったこと、ご主人が経営していた会社を今、Aさんが切り盛りしていること。そして・・・、このような環境の変化があって、うつ病になってしまったこと・・・。

 不眠が続き、主治医の先生に勧められて、針治療をやり始めてから不眠が改善し、だいぶ元気になってきたこと。
 
 その後二人ともそれぞれの施術室へ。
 
 いやぁ~~~、今回の私の治療はかなりの荒療治でした 

 鍼を刺すごとに、痛みが出てくるまで鍼を・・・・、えぐる! 

 そのたびに私は、声なき声で叫ぶ! 「うひゃぁ~~~~~~~~!」

 そのあとは、吸い玉療法、通称タコ壺。これを10分ほどやったあとの私の腰は、鬱血して真っ赤。この鬱血具合で、どの部分が血のめぐりが悪いか一目瞭然!

 そして、今回は初体験の鬱血した血の吸い出しに挑戦!!患部の表面を、インシュリンの注射器具を使用し出血させる。血が出てきたところへ、タコ壺で血をさらに吸い上げる!

 安心して下さい。通常はそんなに出血しないそうです。ただ、私は出る、出る  といっても、あくまで表面ですから、そんな流れるほどではありませんよ 

 こんなスペシャル施術をしてくれたので、私は少し時間がかかり、カーテン越しでAさんが施術が終わり、担当者にお礼を言っているのが聞こえた。

「どうもありがとうございました!沢○さんにお伝え下さい!久しぶりにお会いして元気をもらえましたと・・・。」

 Aさんはさっきの会話で、今年65歳になったそうです。「キーホルダーがやっともらえるわ!」とうれしそうに話していた。

 来週にでも元気な顔を、また見せてくれるそうです。キーホルダーの登録と併せて・・・。

 元気に見える、今は、地域包括支援センターを必要としないような人でも、様々な不安を抱えている。この段階から、私たちと日常的なつながりがある安心感は、どれほど心強いものだろう・・・。

 施術の痛みにこらえながら、そんなことを考え、来週Aさんに会えるのを楽しみにしている沢○でした。



IMG_2310297283.jpg

PA231029022498.jpg

PA231029022491.jpg

IMG_2310297273.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

No title

はり・きゅう・マッサージってそんな風に痛みや出血を伴うなんて知りませんでした!!
昨日10/31(月)11時過ぎに牧田健診センターで健診を終えると、入新井地域包括センター前で小型バス(?)や皆様のお姿を発見しました。
ブログを拝見しているので、つい一方的に見知っている気になっていて、つい「どーもー」なんて言ってしまいそうになりました。が、あやしまれると思い、じろじろ見ただけで立ち去りました。
センター前のペットボトルを利用した植木鉢も見ました!
活発に活動されているのですね。

では、腰、お大事になさってください。
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。