プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能させるもの・・・

 ネットワーク構築・・・・。


 これを最終目標におき、取り組んでいくと、「やっている・・・」、「取り組んでいる・・・」で終わってしまう。

 ネットワークは構築したあとに、 本来目標とするべきものに向かうためのもの だと思っています。

 その視点を持たなければ、何となく 『 つながった、知り合った 』 感で満足して終わり。

 「つながった」、「知り合った」だけでは、ネットワークは機能しません。

 何を目的に、目標をどこにおいて、知り合い、つながったのか・・・。

 ネットワークは目標を明確に持つからこそ機能していくんです。

 この視点でネットワークを構築していくからこそ、つながった一人ひとり・・・、さまざまな団体と、

「この人とだったらこんなことができる!」、「この団体はこのような役割をもつことができるんじゃぁないか?」と、考えを巡らし実現に向かうことができる。

 大事なことは、何のためにネットワークを構築していくのか を、自分たちで考えていくこと。

 専門職・専門機関・・・、それだけではありません。町会・商店街、銀行、新聞販売店、企業・・・。

 今、地域包括支援センターに求められているネットワーク構築は、あらゆる人、社会資源とつながることを求められています。

 ここに向かう具体的な道のりは、大変なことです。

 だからこそ、自分たちの目標・目的を明確にして、何のためにネットワークを構築していくのかを考えて歩き出さなければやってられませんよ。

 ネットワークが本当の意味で機能していくことを実感しましょう。

 少人数の包括職員だけで考えない!やろうと思わない!まず、できるわけがない!

 地域とつながる共通の目的・目標、一致し合える課題をみつけ、それをツールにつながっていくんです。

 このつながりが本来のネットワーク!

 ネットワークづくりが目標や目的ではない。

 ネットワークは機能させていくもの!機能させていく過程で人と人のつながり合いを実感するもの。



MERRY X’MAS

P2312261110469 (2)


P23122561110469 (1)

IMG_2312271066.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。