プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放ってもおかない!

 4月28日に公開される松竹映画 「わが母の記」 (役所広司・樹木希林・宮崎あおい 出演)を、松竹の方から招待を受け、観てきました。

 原作は、昭和を代表する文豪・井上靖が、自身の人生、家族との実話をもとに綴った自伝的小説「わが母の記~花の下・月の光・雪の面~」。

 小説家の伊上洪作は、幼少期に兄妹の中でひとりだけ両親と離れて育てられたことから、母に捨てられたという想いを抱きながら生きてきた。

 父が亡くなり、残された母の暮らしが問題となり、長男である伊上は、妻と琴子ら3人の娘たち、そして妹たちに支えられ、ずっと距離をおいてきた母・八重と向き合うことになる。

 老いて次第に失われてゆく母の記憶。その中で唯一消されることのなかった、真実。初めて母の口からこぼれ落ちる、伝えられなかった想いが、50年の時を超え、母と子をつないでゆく──。

 観終わったあと、この特別試写会に招待してくれた松竹担当者 Aさんに感想を求められました。


 あの時代・・・、

 今のような介護保険制度や認知症に対しての理解はなかった・・・。

 しかし、この母親には、紆余曲折ありながらも認知症の母に寄り添い、これからの自分たちの人生につながる「今」を、母親と向き合う娘や息子たちがいた。

 日本では今、独居高齢者が誰にも看取られずに、死後、何週間も経ってから発見される 「孤独死」 が深刻な問題になっている。

 障害未婚者や、配偶者と死別した独居高齢者などの増加で、20年後の2030年には単身世帯が4割に迫ると予測されている。

 現在、そしてこれからの日本に何が必要なのだろうと、いやがおうにも考えさせられる。

「孤独死をなくそう!」・・・・・

 このことを大上段に掲げ、取り組んでも限界がある。

 限界だけではない。

 他者が、このような思いで関わることは、人とのつながりを自ら絶っている人からすれば、「お仕着せ」以外の何物でもない。

「孤独死」と、一人で暮らしながら亡くなるということはまったく意味がちがう。

 一人で暮らしながらも、家族・・・、いや、家族でなくてもいい。人とのつながりを持ち、自立して生きることを選択し、そして、社会との関わりを持ちながら死んでいくことは「孤独死」ではない。

「孤独死をなくそう・・・!」

 けっこうです。

 ただその前に、いくつになっても、たとえ医療や介護が必要となったとしても、地域社会とのつながりを持ち続け、自立して生きていくことに力を注ぐことが重要なんです。

 孤独死につながる「孤立」をつくらない地域社会を築くことが、まず必要なのではないでしょうか。

 この映画の「母」には、家族がいた。家族と「母」を放っておかない地域社会が存在した。

 高齢化が進み、単身世帯が増加する現代に、

「 お仕着せではないが、放ってもおかない! 」 そんな地域を築いていくことが大切なのだと思っています。


 映画を観終わって、ふっと頭をよぎったこんな思いを、Aさんに伝え、帰ってきました。

 
わが母の記の予告編は、こちらからご覧下さい。


img240224208.jpg

240224story_p5.jpg

P1120218.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。