プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活に根ざした場

 「見守り・支え合いも、孤独死をなくす取り組みも、最終的には、町づくりに行き着くんですね・・・。」

 先日、みま~もについて取材に来た、ジャーナリストのYさんと話しをしたときに、このような感想を私に伝えてくれました。

 私たちは、誰しも自分たちが暮らす、この「場」で生きている、生活をしている・・・。

 生活の中での充足感、とくに、老後の充足感は、財政的なゆとり、医療や介護を受けられる安心だけで満たされるものではない、それがすべてではない。


 生活とはもっと全体的なものだと思うんです・・・。

 嫁の愚痴が言える相手がいる。趣味を分かち合う友がいる。電話一つで修理に来てくれるなじみの電気屋さんがいる。

 そして・・・、自分が生きてきた思い出の詰まった家、そこに盆や正月にやってくる息子や娘、孫・・・・。

 このような日常があり、なおかつ、医療や介護の安心が備わる。

 生活とは、どれか一つ特化して充足されるものではない。

 言い換えれば、地域に暮らす生活者、地域で働く人々、医療・保健・福祉専門職、行政機関等が、それぞれで地域というものを描いていっても、全体的な『生活』、『暮らし』というものにはなっていかないということ。

 それぞれが顔を合わせ、その地域に合った、地域に根ざした『生活』を描いていく。それなしにそれぞれで描いて形作るものは、お仕着せの『生活』でしかない。

 このお仕着せの『生活』というものは、狭義に描いた『生活』でしかなく、結局は地域に根ざすことがなく、長続きはせず、消えていくか忘れられていくだけ。

 見守り・支え合い、孤独死をなくす!

 大切なことです・・・。大切だからこそ、一時の盛り上がりではなく、息長く継続していくことが必要なんです。

 『生活』とは、一部が満たされて充足するものではなく、もっと全体的なもの。生活に根ざしたもの。

 そうであるからこそ、その地域に暮らす、働く、あらゆる人たちが顔を合わせ、描いていくものなんです。

 地域のあらゆる社会資源、人、団体、機関、企業が、生活を全体的なものにするためにつながる必要があるのです。

 だから、ネットワークなのだと思うのです。

 そして、生活に根ざした場があちこちに生まれる。

 一つの箱物(施設等)を作るよりも、生活に根ざした場が地域のあちらこちらに、縦横に生まれることの方が大事だと思っています。

 それが、結局は町づくりにつながるんですかね・・・・。

 

先日、みま~ものおふくろさん Nさんが、みま~もステーションの講座の帰りに立ち寄ってくれました。
           ↓
P2403291120552.jpg

講座のときのお昼ご飯を用意してくれて、包括の職員にも持ってきてくれたのです。
           ↓
P2403291120553.jpg

ありがとうございます!おふくろさん・・・・ 
            ↓
P2403291120554.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

おいしかったなあ~

煮物、おいしかったなあ~
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。