プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーとリバティ

 私が大好きな、山田洋次監督による映画 「ダウンタウンヒーローズ」(1988年松竹制作)。
             ↓
512GVPMD9KL__SL500_AA300_.jpg

 戦後、学制改革を翌年に控えた最後の旧制高校生の生活を描いた映画で、早坂暁氏の自伝的小説が原作です。

 この映画の中で、卒業を控えた学生たちに、最後の授業で教師が話す。

 「これから時代はどんどん変わっていく。

 欲しいものも手に入るようになり、もう、腹を減らして勉強するようなこともなくなるだろう。それにしても・・・・、ひもじかったなぁ~~~(学生 笑)

 そして、何より、自由の時代がやってくるだろう。

 自由というものには二通りある。 『 フリー 』 と 『 リバティ 』というものだ。

 『 フリー 』 とは、もともとある自由・・・。与えられた自由とでも言うんかな・・・。

 『 リバティ 』 とは、自分たちで勝ち取っていく自由だ。不自由さから、自分たちが欲して求めていくものだ。

 これから社会に出ていく君たちに、私から伝えたいことは、 フリーではなく、リバティこそ求めていってほしい ということだ 。

 今日のこの言葉をどうか忘れないでほしい。」


 学生たちは感動とともに立ち上がり、教師に拍手を送る。

 学生たちの 「 ダンケ! 」 (ドイツ語でありがとう) という言葉がこだまする・・・・。

 20年以上前に観た映画のワンシーンなので、この通りの台詞だったかは定かでない。

 ただ、この「自由」という言葉へのとらえ方、考え方は、20代の私の心の中に「ストン」と落ちた。

 あれから20年以上が経った今でも、時々あの映画のこの場面を思い出す・・・。

 自分が大事だと思い、一歩を踏み出す。

 自分が大事だと思うものを貫くためには、「自分が大事」と、自己主張だけをしていても貫くことなんてできない。

 今という時代をみつめ、そしてこれからの未来を見通し、多くの人と共感できるものでなければ、いくら自分が大事と思っていたところで、しょせん自己満足でしかない。

 自己満足レベルの「大事」を、誰が認め、その人のやりたいようにさせてくれるでしょうか?

 それほど今の社会は甘くはありません。何せ、せちがらい世の中ですから・・・・ 

 自由に生きる!

 自分が思ったように歩む!

 自分の思いを貫く!

 そのためには、自分が思い描く 「 大事! 」 を、多くの人と共感できるものに高めていかなければ実現などできません。

 もともとある自由ではなく、自分が求める自由。

 「リバティ・・・・」

 映画「ダウンタウンヒーローズ」で、教師が学生に伝えた最後の言葉に、20年以上経った今でも、私は共感します。

 リバティこそ自分の中に欲し、求めていく自分でいたいと・・・・。

 

事務所近くの掲示板に、高齢者見守りキーホルダー登録事業の案内が貼られていました。

みま~ものキーホルダーが、大田区の事業となり、そして着実に、地域住民の人たちに根ざし始めています。
          ↓
P2405011130201.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【フリーとリバティ】

 私が大好きな、山田洋次監督による映画 「ダウンタウンヒーローズ」(1988年松竹制作)。             ↓ 戦後、学制改革を翌年に控えた最後の旧制高校
FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。