プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわり!

 日本海に面した自治体職員の方から連絡をいただいた。

 キーホルダー登録事業をスタートさせていくための県の補助金が下りたため、本格的に事業を進めるとのこと。

 この方からは、キーホルダー登録システムが大田区の事業になる前から何度か連絡をもらっていて、システムについてのノウハウを伝えていました。

 自治体の事業として進めていくための段取りが済み、この方もまずは肩の荷を下ろしたのでしょう・・・。

 そこで、この間の報告を私にくれたのです。

 「おかげさまで、キーホルダー事業に予算が通ることになりました!これから具体的に準備をしていくことになりますが、そちらで行っているそのままでやらせてもらおうと思っていますのですがよろしいでしょうか・・・?」

私 : 「この事業は、必要だと思ってくださるすべての人たちに届くことができれば、私たちはそれでいいんです。

私たちの事業を知り、この事業を自治体のサービスとして取り組んでくれることで、そちらの地域の住民の方々にも届けることができた・・・。

それだけでいいんです。私も、そして、みま~もの仲間たちも・・・。」

 「そうですかぁ~・・・・。でも、それでは何ですので、事業協力依頼文でも送らせてもらいますが・・・。」

私 : 「本当にいいんです。そちらもこれから具体的に動かなければいけない大切な時だと思いますので気にしないでください。そちらで事業がスタートすることは、私からみんなに伝えさせてもらいます。」

 「そうですかぁ~、本当にありがとうございます。これからもご相談することがあると思いますのでよろしくお願いします!」

 みま~もが生み出したキーホルダー登録システム・・・。

 このシステムが、地域に暮らす高齢者の人たちにとって、地域に暮らす安心につながるシステムだということは、何よりみま~もに関わる専門職たちがわかっている。

 一人でも多くの人たちに届けたい。そのためには、自治体として事業を進めてくれるのが一番。

 だからこそ、「自分たちが発明した。自分たちのもの。自分たちに了承をとってから取り組んでほしい・・・」などと、チマチマしたことにこだわっていてはならない。

 そのことは、「大田区の事業にする!」と決めた時点から、会に関わる皆さんとは確認し合った。

 おおた高齢者見守りネットワークの事業から、大田区の事業へとシステムを手放したときも、会として何も求めなかった。

 それどころか、手放すために、自らも奔走した・・・。

 だからこそ、今、こう言える。

 この日本海側の自治体の方にしてみたら、あまりにもこだわりを持たない私に、戸惑いを持ったちがいない。

 それでいい。

 自分たちの手柄にこだわりを持つぐらいなら、もっと他のことにこだわりを使いたい。

 私たちみま~もに関わる専門職たちの最終目標は、

「自らSOSの声を上げられない人に、私たち専門職の手をさしのべるまで・・・」 

 こだわらなければならないものは他にある。

 こだわりをもたなければならないことは、これからなのです・・・。

 
SOSみま~もキーホルダー登録システムが、大田区の事業に決定した翌日のブログ記事 「SOSみま~もキーホルダーシステムの巣立ち」 に、このシステムへの私の思いを綴っています。こちらをクリックしてご覧ください。
 


みま~もステーションでは、初となる陶芸教室を行いました。
       ↓
img240611284.jpg

地域にある陶芸教室に協力を依頼!快く引き受けてくれたのです。
         ↓
P2406111110348.jpg

陶芸教室のはじまりです。それでは先生、よろしくお願いします!
         ↓
P2406111110307.jpg

P2406111110314.jpg

P2406111110350.jpg

P2406111110358.jpg

P2406111110361.jpg

参加したみなさん、初めての陶芸体験に会話も弾んでいるようです。
          ↓
P2406111110370.jpg

ただ一人、誰とも話す余裕なく、目の前の土に打ち込んでいるおはなナース・・・。
        ↓
P2406111110366.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【こだわり!】

 日本海に面した自治体職員の方から連絡をいただいた。 キーホルダー登録事業をスタートさせていくための県の補助金が下りたため、本格的に事業を進めるとのこと。 この
FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。